日本ハム東販売株式会社

社員紹介

Y G

日本ハム東販売株式会社

Y G

このような仕事をしています

秋田県内の地域スーパー5企業といくつかの個人商店をお得意先として、ハム・ソーセージなどの精肉商品、ピザや餃子などの日配商品から、惣菜部門やベーカリーに提案する業務用商品に対しての営業活動を行っています。普段の業務としては得意先の発注管理、実際に店舗へ訪問して商品の売れ行きのチェックや販促ポスターなどを設置、毎週・毎月の販促を決める定期商談などを行います。配属された地域での日本ハム商品のシェアを高めていき、より多くのお客様に日本ハムの商品を食べていただくことが私たちの仕事です。

 

入社を決めた理由

私がこの会社を選んだ理由として、「食品会社の営業をしたかった」ことが挙げられます。私は食べることが好きで、人においしい食べ物やお店を探して紹介することが大好きでした。また、大学で頻繁に研究発表を行っていたのでプレゼン発表に自信がありました。そんな自分の趣味と強みを生かせるような仕事を探した中で、日本ハムグループの企業理念にある「食べる喜び」という言葉に惹かれ、日本ハムグループで働きたいと強く思うようになりました。

仕事のやりがい

自分の提案で、自社・得意先両方に貢献することが出来た時に営業としてのやりがいを感じます。食品の営業は商品の価格だけではなく、味、トレンド、季節、売り場での見せ方など、得意先の目線に立ったアプローチを提案する必要があります。この提案を考えることが非常に大変ですが、得意先にとって大きなメリットのある提案を考えることが出来れば、付随して大きな成果を出すことが出来ます。 私の場合、担当していた得意先に提案した商品が新規採用されたことで自社・得意先の売上を大きく伸長させることが出来た経験があります。こういった成功を積み重ねて、得意先との関係が構築されていくのを実感できるところも営業活動の面白いところだと思います。

学生へのメッセージ

就職活動は、限られた時間の中で自分の人生を決める非常に大切な時期です。 就職活動中の皆さんには、自分が何をしたいのかということを軸にしてもらいたく思います。 私自身、就職活動をスムーズにこなせたわけではないですが、最終的にこの会社から内定を貰えたのは、この会社で営業をしたいという熱意をくみ取ってもらえたからだと思います。営業活動にも言えることですが、自分の気持ちが入った言葉は相手を納得させるための非常に強い武器になります。「自分に何が向いているか?」と受け身に考えるのではなく「自分には何ができるか?したいか?」と、自分の気持ちと向き合って考えていけば、きっと良い就職活動になると思います。頑張ってください。

日本ハム東販売株式会社で働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加