日本ハム西販売株式会社

社員紹介

Y Y

日本ハム西販売株式会社

Y Y

このような仕事をしています

近畿エリアでの地域スーパ―、全国展開されているスーパーのエリア担当をしています。ハム・ソーセージ・加工食品を商品導入への提案営業や店舗巡回、本部担当の窓口との連携をとり売上向上に努めています。市場動向、季節商品、行事などやデーター分析から商品提案をしていますがエリアによっては客層も違えば、売れる商品も全然違います。スーパーには様々なカテゴリーで部門あり、導入が決まった商品が店頭に並んでいるかを店舗巡回時に確認し売場責任者と話をして販促物を使用して目立つ売り場つくりをしたり、お客様の目につきやすい場所に商品を移動させて頂いたりしてお客様の立ち寄り率が上がるようにしております。店頭巡回をする事で季節での催事や他社新商品・販促商品等がその都度わかります。その情報を基にして商品の提案をします。最も心がけている事はバイヤーはもちろん、店舗責任者とのコミニュケーションを図る事が一番と考えております。

今まで一番苦労したこと

お得意先からのデーターが受信できなく、チラシを含む全商品が大欠品になりかけました。得意先の物流センター・バイヤー(商談担当者)・ニッポンハムグループの物流センター・受注に関連するデータ会社等に協力してもらいましたが、うまくいかず紙面で納品データーをもらい手作業で100店舗近くある店舗への受注入力をすることになりました。途方に暮れている時に、その後自分の上司になる方が夜遅くまで残って一緒に手伝っ頂き、「Yさんがミスしたわけじゃないんだから、落ち込まずに一緒に頑張ろうと」励ましてくれて何とか乗り越えることができました。上司はもちろん、色々な方たちに知恵を頂きこの窮地を乗り切ったことに感謝の気持ちでいっぱいです。人間関係や絆を心から大切に思うようになりました。

仕事のやりがい

提案がとおり、商品が導入されて棚割り[=スーパーの商品棚のレイアウトのこと]を任せられた時はとてもやりがいを感じます。同業他社も同じような商品があり、商品導入に繋げることは容易ではありません。なので、バイヤーはもちろん売り場担当者との信頼関係を築くこと、人と人との「出会い」と「繋がり」を一番大切にしております。お得意先様とのより良い関係を築き、少しでもお客様に認めてもらい信頼を重ねることで商品導入にも繋がり結果が出た時はやりがいを感じます。

学生へのメッセージ

就職活動中で、迷いや戸惑いが沢山あるのではないでしょうか。何がダメだったかばかり考えるのではなく、良かったことも振り返ることで自信に繋がっていくと思います。反省点も見方を変えれば強みになるかもしれませんし、どう改善するかを考えれば自身の成長にも繋がるのではないでしょうか。仕事は人と人とのやり取りです。弊社には色々な関連部署やグループ会社があり、幅広い人脈を築くことができます。人との出会い・繋がりを築けることは、仕事においてもそうですが人生においてもすごく大切な事だと思います。皆さんが晴れて仲間入りすることを願っております。

日本ハム西販売株式会社で働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加